墓・供養・塔

敦賀市

穴地蔵古墳群(櫛川)の由来と歴史を辿る現地レポート【敦賀市】

福井県敦賀市松原地区櫛川に通称穴地蔵という史跡があり、福井県指定文化財に指定されている名所である。穴地蔵がある場所は集落より井の口川対岸。造営の時代や出土品、誰が造ったのかなどの概要を資料を見ながらたどっていき、なぜ地蔵が祀られているかの理由、中世の西福寺と民間信仰などの関係の歴史も見ていき、実際に現地へ訪れます。
伝承・伝説

下兵庫の蛇川「淵竜の池」由緒-スイレンと神宮寺【坂井市】

福井県坂井市下兵庫に淵竜の池があります。6月から8月頃の間、池に植えられたスイレンが咲くことで有名です。この池とその界隈には、様々な歴史と言い伝えが残されております。「淵竜」という名前の由来、池の歴史や伝説も紹介するので、観光で訪れるときに知っているとさらに楽しめると思います。周辺の見所も紹介します。
伝承・伝説

【坂井市】長崎称念寺の「新田義貞墓所」と歴史

称念寺。史跡新田義貞公墓所。義貞が越前に下向すると直ちに称念寺第二代白道上人の門を叩いて、教を乞われることとなった。最後の藤島の戦において、平泉寺衆徒の裏切りにあい燈明寺畷に戦死した。さて、義貞の首相違なかりけるとて、屍骸を輿にのせ、時衆(時宗の僧)八人にかかせて、葬ひのため往生院へ送られけり。
伝承・伝説

【池田町】志津原にある「将軍足利尊氏」の墓の謎

志津原館跡。志津原二十字城山山上、近年青年会手入して公園となし、俗に丸山公園と称す『上池田村誌』。渓流温泉 冠荘の向かい。白山神社社記によれば、足利尊氏公故あって都を退き、この志津原村の亀山城に御入城になり、尊氏公城内に於いて死去。この日が白山神社の秋祭りとされ、五輪塔二基が長瀬にあり尊氏の墓と伝える。『池田町史』
伝承・伝説

「楠木正成の墓」がなぜ平泉寺白山神社内にがあるのか【勝山市】

福井県勝山市の平泉寺白山神社内、奥之院三宮横に楠木正成の墓があります。なぜこの地にあるのか。伝説と訪問レポートを紹介します。楠正遠の末子恵秀が白山権現の前に坐して行をしていると、兄の正成がよろいかぶとに武装した姿で、そのかたわらに立ったといいます。現地へのアクセスや駐車場の情報も掲載します。
伝承・伝説

【大野市】若生子坂峠の裸半兵衛の墓

大野市上庄地区若生子。若生子坂峠にあります。大野市森山からの道です。二本松の説明板のある広場に着きます。むかし裸半兵衛という飛脚がいた。殿様のたいせつな手紙を持って若生子へ出かけたが、途中で手紙を落としてしまった。『参考:越前若狭の伝説』なんともやばい場所なのです。
タイトルとURLをコピーしました