自然

岩石、滝、川、渓谷などの自然風景

▲登山部

トンビ岩|日野山の牧谷越の峠・萱谷コースにある岩の伝承【福井】

福井県にある越前富士と呼ばれた日野山には、鳶岩の伝説が残っています。山頂からトンビ岩への行き方、つらい道のレポートと伝説や言い伝えから見える教訓を記します。このコースの登山道は草木が茂って狭く荒れていて、きついうえに長いです。感想と注意点も書きます。また山頂の南には、行者碑や三角点、今庄の展望もあります。
▲登山部

日野山へ登山|中平吹コースから名所難所や伝説をレポート【福井県】

7月。福井県の越前市と南越前町にまたがる山。標高は795メートル。難易度は中級ほどですが、比丘尼ころばしなどきつい所もあります。荒谷コースも人気ですが今回はメジャーである中平吹登山口から山岳信仰と伝説、歴史や地理地質なども含めて見て山頂を目指す。駐車場は広い。ヒルはいないが熊はいるので対策も必要です。分岐ルートもある。
伝承・伝説

平泉寺白山神社の「牛岩馬岩」伝説と丑の刻参り【勝山市】

平泉寺白山神社は、福井県内有数の名所となりました。平泉寺には広大な菩提林があります。勝山城博物館付近から延びる長い参道です。舗装された道もありますが、旧参道の石畳も残っています。牛岩馬岩周辺に駐車できるスペースはありません。一方通行で追い抜く幅もないです。付近だと、菩提林入口の駐車場から歩いてくるのが無難だと思います。
伝承・伝説

【大野市】仏原の「仏御前の滝」と仏御前の出生地

読み方は「ほとけごぜん」です。駐車場が狭い。琴洞橋近くの谷川の上流300メートルのところにある。『福井縣大野郡誌阪谷五箇村誌』と『越前若狭の伝説』から。仏御前の伝説にちなんで名づけられた。平浄海の妾佛御前は当区の産なりと云う、以て大字名の起源を知るべく、葛が原亦其の出村なりと云う。仏原ダムの底には、集落が沈んでいます。
伝承・伝説

真名峡の字銭亀の昔話「ぜにがめ伝説」【大野市】

福井県大野市上庄地区の真名川ダム(麻那姫湖)がある一帯は若生子の集落でした。その集落も併せて今よりもずっと長い距離、真名峡の景勝地だったそうです。観光地としても素晴らしい真名川ダムから望める真名峡に伝説(昔話)の地という魅力も加えられます。アクセスや現地レポート、伝説の内容を記します。
伝承・伝説

【大野市】南六呂師の巨石伝説「女郎岩」

むかしこの岩の中に女神がおり、機を織っていて、そのおさの音が聞こえていた。「女郎岩」という小字を探せばなんとかなるはずです。『福井県大野郡阪谷五箇村誌』に女郎岩のことが載っています。『越前若狭の伝説』はこの村誌からの参考でした。昔は岩に耳を当てて澄ますと、機を織る音が聞こえたと。阪谷地区六呂師集落センターの付近。
伝承・伝説

大本の守り神「大石な様」伝説と最後の訪問【池田町】

大石な様。昔はこの谷の奥の「モノケ洞」に夫婦岩と呼ばれる二つの大岩の一つがまくれ落ちて、ここで止まったと伝わっている。大口谷橋がある。伝説「黒い雨」。村の川上の蛇の住むと言う龍双が滝の上に薬師如来を安置して、雨乞いをした。伝説「幸運の龍」。白粟の部子神社に雌龍雄龍がいる。池田川という力士が、この龍を厚く信仰した。
タイトルとURLをコピーしました