国鉄三国線跡 金津駅カーブ・アメリカフウ紅葉並木【あわら市】

福井県芦原温泉駅(金津駅)から三国へ延びる国鉄路線跡のあわら市内の名残を辿ります。

駅からカーブして伸びる線路や紅葉スポットアメリカフウの並木を抜け、あわら湯のまち駅で現えちぜん鉄道と合流します。

国鉄三国線とは

国営鉄道から日本国有鉄道で、金津駅~三国港駅まで使われていた路線。

1911年に開業。
1944年に芦原駅~三国港駅が休止。
1972年に全線廃止。

金津駅西カーブ

三国線と芦原温泉駅

川を挟んで遺構が残ります。

川の左側にある車庫は、芦原温泉駅から西へカーブする形で線路が敷かれています。

それに沿って盛土も形成され、川を渡り、右の盛土へと続きます。

三国線芦原温泉駅近く跡

もう少し下から見た図です。

盛土がはっきりとわかりますね。

三国線盛土

下はこんな感じで、石杭らしきものもあります。(当時の物かは不明です。)

春宮内の線路跡?道路跡?

三国線跡?

先ほどのカーブの先は、幹線道路となっています。その道路をまっすぐかつての路線沿いを進むと、住宅地を抜けたところに砂利の駐車場があり、その道沿いに写真のような物が残っています。

これが路線跡なのか?とも思いましたが、昔の空撮を見ると、線路の位置はおそらく今の道路の位置で、そのわきに小さな道らしきものが確認できます。

もしかすると、鉄道時代の道路跡なのかもしれません。

一里塚下のトンネル

国鉄三国線トンネル

千束一里塚下のトンネルです。上には道路が通っています。

昔の空撮を見ても、すでに上の道路はあったので、昔もこのようなトンネルだったと思われます。

アメリカフウ紅葉並木

アメリカフウ紅葉並木

丘の道を抜けて平野部に差し掛かると背の高い「アメリカフウ」の並木道路に出ます。

ここも路線跡です。

今は秋になると、写真のように紅葉の並木になり、福井県の紅葉スポットとしても結構知られた場所になっています。

現三国線合流

三国線合流

アメリカフウ紅葉並木を抜けると、現在のえちぜん鉄道三国線と合流します。

国鉄三国線が走っていた時代からあるので、こうして三国線が合流し、この少し先にある芦原駅(現あわら湯のまち駅)に着きます。

写真撮影場所一覧地図

以上、国鉄三国線あわら市内でした。

最後に掲載した写真を撮った場所の地図を載せておきます。

コメント