敦賀市の街中にある鉄道遺産や鉄道に関する見所巡り

敦賀鉄道遺産巡り

福井県は敦賀市。この敦賀の町は、昔から「陸・海」「人・もの」の交通や運送において要の町でした。現在でもその流れは続いています。

その中でも、今回紹介するのは敦賀の陸の交通、「鉄道」に関する遺産や見所です。

近年、旧北陸トンネルや周辺の鉄道遺産などが日本遺産に認定されるなど、何かブームみたいなのが来ているようです。そのことから見るに鉄道遺産は、ただの近代の遺物ではなく「史跡」としても価値のあるものになってきています。

なので、敦賀にある鉄道に関することならなんでも取り上げてみようと立ち上げました。
取り上げるのは以下のようなものです。

  • 鉄道遺産
  • 現在も楽しめるの鉄道関係の観光地・見所
  • 使われている鉄道施設

鉄道関係なら本当に何でもです。

どんなに小さなものでも見つけたもの、実際に訪れたものは載せて行きます。(訪れたら更新)
「そんなものも?」というのもあるかもしれませんが、ご了承を。

遺産見つけ次第随時更新掛けます。


注意点
今回紹介する中には、今も使われている施設に遺産があったり、すごく地味で観光化されていないものもあります。そういったものは、いずれ取り壊される恐れがあります。
この記事で紹介されたものがすでに消滅している可能性もありますので、注意してください。
こちらの免責事項まで

鉄道遺産

敦賀港線とヤード

敦賀貨物線

敦賀駅から延びる線路はほとんどが取り除かれ、今では金ケ崎周辺のみで見ることができます。

この貨物線は明治15年に開通し、平成21年まで使われていました。
平成に入っても観光列車として使われたことがありました。

つい最近まで使用されていたので、まだ残ってはいますが、維持管理がされていないので荒廃しつつあります。

敦賀港駅

ヤードと言われる場所は、欧亜国際連絡列車の駅があった場所でもあります。

線路は残っていますが、現在でもつかわれている日本貨物鉄道の貨物ターミナルの中にあるので入ることはできません。

金ヶ崎宮絵行く途中でその全貌を見渡すことができます。しかし、冬以外は草が生い茂りあまりその姿を拝むに適していません。

貨物駅の名残はありますが、これが消えるのも時間の問題でしょう。観光化も考えられてはいましたが、市と貨物会社側は決裂した雰囲気になってますし、今後の動向が気になります。

最寄り駅は、JR敦賀駅からバスに乗り換え金崎宮で下車。
駐車場金ヶ崎緑地に広い駐車場が整備されてあります。

マップへ

敦賀港駅ランプ小屋

敦賀ランプ小屋2

こちらは金ヶ崎へ行く道の途中にあります。

説明板もちゃんとつけられていて、観光化されています。

その説明にも書いてありますが、明治15年に建てられた鉄道施設で、日本最古の建造物の一つだそうです。鉄道好き史跡好きにはたまらないものです。

敦賀ランプ小屋

一般公開されていて、中も自由に見ることができます。しかも撮影もできます。

中には、昔の写真や当時使われていたランプが置いてあります。
ランプは現在もゆらゆらと光っており、心奪われる気分になります。

最寄り駅は、JR敦賀駅からバスに乗り換え金崎宮で下車。
駐車場金ヶ崎緑地に広い駐車場が整備されてあります。
開館時間午前9時から午後5時まで。
料金無料
年中無休

マップへ

セメント工場専用線トンネル

セメント工場線トンネル1

金ヶ崎への参道の下に、トンネルがあります。

これは、天筒山の向こう側にあるセメント工場へと続いていたトンネルです。敦賀港駅から支線として伸びていました。特に関西方面へ輸送されていました。

現在は柵でおおわれていますが、当時の名残を伝える重要な鉄道遺産です。

金ヶ崎宮参道途中の愛宕神社の下あたりにあります。

マップへ

敦賀新港線の橋台

敦賀倉庫群線1

きらめきみなと館と旧敦賀港復元駅舎( 敦賀鉄道資料館 )の間に流れる、旧笙の川に残される橋台です。

敦賀新港線とは、今現存している金ケ崎付近の貨物線からさらに分岐して蓬莱町辺りまで伸びていた貨物専用線です。こちらの貨物線の名残は現在、ほぼすべてが無くなっています。

ただ今でも両岸に残る台の跡を昭和橋きらめきみなとから見ることができ、そこに確かに橋が架かっていたことを伝えます。

鉄道遺産の観光化でも大々的に記載されているわけではない物なので、今後また整備される時がきたらどうなってしまうか。

今見ておいた方がいいかもしれません。

最寄り駅JR敦賀駅バスに乗り換えて金ヶ崎緑地バス停で下車、徒歩3分
駐車場金ヶ崎緑地の方へ。

マップへ

現在も楽しめるの鉄道関係の観光地・見所

赤レンガ倉庫とキハ28

赤レンガと鉄道

明治38年に建てられ、企業の倉庫・軍の倉庫として使われてきて、現在は観光施設になっています。

中には飲食店やお土産屋などが入っていて、一番奥には戦前の敦賀の港や鉄道風景を再現した「ジオラマ館」があり、人気の観光施設となっております。

このジオラマ館では、欧亜国際連絡列車が走っていた時代を見ることができ、また映像での開設や日中夜の演出もされるなど敦賀の鉄道の町を知るためには重要な場所であり、敦賀観光の重点です。


また、倉庫の北側にはキハ28が置かれています。北近畿で走っていた「キハ28 3019」は解体がされそうになりながらも、和歌山県→アチハ株式会社と保存を経て、つるが鉄道フェスティバルで展示されたのがきっかけで、敦賀市が取得し現在保存されています。

国鉄色でのキハ28の保存ですから、鉄道ファンには人気でしょう。しかも、横の赤レンガと併せて時代を思わせるセットとなっています。

最寄り駅JR敦賀駅バスに乗り換えて赤レンガ倉庫バス停で下車。
駐車場北にあります
赤レンガへの入館は無料。ジオラマ館の入館料は大人400円、小人200円。

※時間や休館日、料金などは必ず公式サイトを確認してから訪れてください
公式サイト「https://tsuruga-akarenga.jp/

マップへ

敦賀鉄道資料館

敦賀港駅駅舎博物館

敦賀の金ヶ崎緑地と隣接して、敦賀港駅を復元した敦賀鉄道資料館があります。

欧亜国際連絡列車が走っていた頃の駅舎を復元しているみたいです。通りで何かレトロな雰囲気をかもし出しています。内観も木の階段が中央にあるので昔の駅舎っぽい感じになっています。

資料館なので、敦賀とその周辺に関する資料や歴史、模型などが展示されています。トワイライトエクスプレスの模型があり、それがなんともごついのです。

機関区時代のジオラマも少し置いてあったり、年表や実際に使われていた道具類、懐かしの鉄道車両写真など展示されていて、ここに来れば敦賀の鉄道の歴史をほとんど知ることができる場所になっています。

しかも、入館無料なのです。

最寄り駅JR敦賀駅バスに乗り換えて金ヶ崎緑地バス停で下車、徒歩2分
駐車場金ヶ崎緑地の方へ。
入館無料

マップへ


まだまだ敦賀には鉄道遺産が多くありますので、今後も訪問次第更新していきます。

コメント