【WordPress】画像アップロードで複数サイズの自動生成を減らす方法

画像アップロードで複数サイズの自動生成を減らす方法

前回、なぜ早くもサーバー容量が限界なのかと原因を調べたら、「IMG_8880」という画像ファイルだけで、10個もファイルが出来ているという謎の現象が起きていました。

そんな状況が起こったので、今回はそれを予防することができるのか、という検証「自動生成をとめる方法」と探っていきたいと思います。

自動生成は止められるのか

WordPress特有の、画像の自動生成によって一つの画像にいくつも、

scaled
2048×1365
1536×1024
1024×683
768×512
300×200
320×180
150×150
100×100

最高10枚ものファイルが生成されていたのです。

こんなのすぐ容量オーバーしますわい。

 

で、私思ったんです、この自動生成をなくしたいって。

でも、自動生成は仕様なのでしょう。ネット上どこを探してもこれをとめる方法はなかった・・・。

 

しかし、自動生成の数を減らす方法ならあったのです。

つまり、WordPressにおいてサーバーの容量の負担減らすなるべくサーバーの容量を消費しないようにする方法があるのです。

これには二つやるべきことがあります。

その方法や効果を記したいと思います。

自動生成を減らすためにやること

これから紹介する設定をやることで、無駄な画像のアップロード数を

何も設定しない場合→10枚生成
設定した後→5枚生成

ここまで減らすことができました。

WordPress側での設定と効果

WordPress側で、自動生成アップロードを減らすための設定方法と効果について。

この方法は、かなり多くの人が知っていることだとは思います。

 

まず、WordPressの管理画面の左側にあるバーの

[設定]→[メディア]

に行くと、以下の画面が出てきます。

[サムネイルサイズ][中サイズ][大サイズ]というものがあり、

上画面では既にやってありますが、初期設定ではそれぞれ値が設定されています。それを要らないものだけ値を「0」にします。

そうすると、該当サイズの物は生成されなくなり、ファイル数が減ります

この時点で、2つのファイルが生成されなくなります。

 

ちなみに私は、[サムネイルサイズ]以外要らないと判断したので、サムネイル以外を「0」にしました。

[サムネイルサイズ]は150×150サイズ。ページの検証で、記事一覧のサムネイルを見てみると、150×150の画像があったので、サムネイルとして最適な必要なサイズだと思ったので、残しておきました。

 

ここで、どういう影響を受けるかは、画像を記事に配置したときにわかります。

このように、画像サイズの選択肢が減ります。

ただいらないと思います、この選択肢。

これで、一つ目の設定終わりです。

画像アップロード前のリサイズ

WordPressへの画像アップロード前に、最適なサイズにリサイズしてからアップロードしたときの効果についての話です。

最初にやり方としてはものすごく単純で、WordPressにアップロードする前に最適なサイズにリサイズすることです。

私の写真なら、横長写真の場合1024pxが最適サイズなので、1024pxに前もってリサイズします

リサイズに使うソフトやツールは何でもいいと思います。

自分は適当に無料のソフトを使っています。

で、重要なのはこの効果です。この最適なサイズにリサイズをする」という手順を踏むことによって、かなりのサーバー消費を抑えることができます。

その一番の要因は、10MBもある元画像をサーバーに入れなくて済むこと
これが一番大きいですね。

しかし、それ以外でも大きな要因があったのです。

 

どうも、

一定の大きさ以上の画像をWordPressにアップロードしてしまうと、自動生成ファイルが増えてしまうのです。

下の画面をご覧ください。リサイズする前の写真(幅4000px以上の写真)をそのままWordPressにアップロードした場合のサーバー内の状態です。

1つの写真に対し、10枚アップロードされているうち、3つオレンジ色で目印を付けたファイルは、1024px以上ファイルで自動生成されています。

[1536×1024]サイズや[scaled]という名前のファイルがそれです。

 

原因はわかりませんが、アップロードした元画像の大きさに応じて、一定サイズのファイルが自動生成されるようです

つまり、元画像がこれらのファイルよりも小さければ、生成されないのです

最適なサイズにリサイズすれば、元画像の容量を減らせるだけでなく、余計な中途半端なサイズごとに自動生成されるファイルも、減らすことができるのです。

対応の結果

というわけで、上記2つの手順を踏まえて画像をアップロードした際、どのくらい変わったかを見ていきましょう。

まずは、リサイズする前の写真(幅4000px以上の写真)をそのままWordPressにアップロードした場合。

10個のファイルが自動アップロード。

中には元画像サイズ[10MB]、謎のデカファイル[scaled 1MB]、[1536×1024 463KB]がアップロードされる。

 

そして、最適なサイズ(1024pxの場合)にリサイズしてからWordPressにアップロードした場合。

紫は別ファイル。それ以外のファイルを見ていただくと、1つの画像につき、5つしかアップロードされていません

  • 元画像は幅1024pxにリサイズされているので[186KB]程度しかない。
  • 謎のデカファイル[scaled 1MB][1536×1024 463KB]も生成されない。
  • WordPress内の設定で[中][大]サイズが生成されない。
  • WordPress内で、リサイズして余計にファイル数を増やす必要もない。

これらの要因で大幅に、サーバー内の容量を節約できました。

今後は、しっかりと画像をリサイズしてからアップロードしていきます。

これにて、終了。

コメント