集落

伝承・伝説

【池田町】廃村、下荒谷集落訪問

内田教正や利右は平泉寺から移住。伝説として、蛇谷に住む大蛇の為に祈祷を勤めたら、蛇は昇天して竜女となったといい善願は大蛇を見て驚死したと伝える。善願の為に下の地蔵が建てられたと伝える。上の地蔵の背銘には内田利右ヱ門永禄元年の刻名がある。藤原魚名(上野介左近将監)の塚。八幡神社。下荒谷の伝統行事銭社撒き(ぜんじゃまき)。
伝承・伝説

大本の守り神「大石な様」伝説と最後の訪問【池田町】

大石な様。昔はこの谷の奥の「モノケ洞」に夫婦岩と呼ばれる二つの大岩の一つがまくれ落ちて、ここで止まったと伝わっている。大口谷橋がある。伝説「黒い雨」。村の川上の蛇の住むと言う龍双が滝の上に薬師如来を安置して、雨乞いをした。伝説「幸運の龍」。白粟の部子神社に雌龍雄龍がいる。池田川という力士が、この龍を厚く信仰した。
伝承・伝説

大本集落の歴史と民俗|【池田町】足羽川ダム建設地

継体天皇の妃、目子媛(部子媛)が、部子山登拝のとき、輿をかついだ輿丁前嘉の末孫が、住居を定めたのが、はじまりとも。八幡神社。正月一日には禊(みそぎ)をし、「花びら」という餅を作る。干天が続くと、竜双が滝の滝壺に安置し神酒を供えて雨乞いをした。中瀬鉱山。「金山流跡」の符号があり、砂金採取跡ではないか。
タイトルとURLをコピーしました