祭り

伝承・伝説

【勝山市】北谷町谷のお面様祭り

毎年2月16日に近い土曜日。お面様御開帳の時間は午前11時。ここでお面様祭りの由緒を見ていく。面は天文七年の刻みといわれ、もと十四面あったが、平泉寺僧兵がきて七面を持って行った。その後、丹後から来た乳母が三面盗んで行き、残りがこの四面といわれる。12時にお面様と一緒に昼食。午後1時から伊良神社のほうで神事が行われる。
伝承・伝説

【勝山市】滝波のお面さん祭り

福井県勝山市には「お面さん祭り」という伝統行事がある。由緒は、七山家の一つ小原村の一揆衆が平泉寺から奪った七つの面を村の子どもがもて遊んでいたところ村中に疫病が起こった。そのためこれらの面は滝波川に捨てられた。他「名替え式」があり烏帽子帳に関係。日時は、毎年2月11日午前10時から開帳。午後二時から名替え式。
タイトルとURLをコピーしました