寺院

伝承・伝説

下兵庫の蛇川「淵竜の池」由緒-スイレンと神宮寺【坂井市】

福井県坂井市下兵庫に淵竜の池があります。6月から8月頃の間、池に植えられたスイレンが咲くことで有名です。この池とその界隈には、様々な歴史と言い伝えが残されております。「淵竜」という名前の由来、池の歴史や伝説も紹介するので、観光で訪れるときに知っているとさらに楽しめると思います。周辺の見所も紹介します。
伝承・伝説

【坂井市】長崎称念寺の「新田義貞墓所」と歴史

称念寺。史跡新田義貞公墓所。義貞が越前に下向すると直ちに称念寺第二代白道上人の門を叩いて、教を乞われることとなった。最後の藤島の戦において、平泉寺衆徒の裏切りにあい燈明寺畷に戦死した。さて、義貞の首相違なかりけるとて、屍骸を輿にのせ、時衆(時宗の僧)八人にかかせて、葬ひのため往生院へ送られけり。
▲登山部

大佛寺山へ登山「血脈池」伝説|大本山永平寺の裏山【永平寺町】

血脈池のある大佛寺山は福井県永平寺の裏山にあります。永平寺ダム(大佛湖)にある登山口から登り、駐車場も近くに数台分あります。ここからの道は道元禅師「祖跡コース」といいます。虎斑ノ滝や御開山硯石の水と言った見所あり、山頂近くには大佛寺跡があり、血脈池には永平寺と関わる伝説が残っています。アクセスや登山レポートも記します。
タイトルとURLをコピーしました