地蔵

伝承・伝説

小浜城の人柱伝説「組屋地蔵」の話と訪問【小浜市】

小浜城は京極高次の代に、後瀬山にあった城を移した。城が長く残るように人柱を立てる意見が出た。家来が、当時小浜の町老役で豪商の組屋六郎左衛門に相談した。六郎左衛門は、やむなく自分の娘をさし出した。酒井忠勝は、江戸にいたので、城代家老三浦帯刀に任せていた。三浦帯刀は、使いの石工のところへ出して、一体の地蔵尊を刻ませた。
伝承・伝説

【池田町】廃村、下荒谷集落訪問

内田教正や利右は平泉寺から移住。伝説として、蛇谷に住む大蛇の為に祈祷を勤めたら、蛇は昇天して竜女となったといい善願は大蛇を見て驚死したと伝える。善願の為に下の地蔵が建てられたと伝える。上の地蔵の背銘には内田利右ヱ門永禄元年の刻名がある。藤原魚名(上野介左近将監)の塚。八幡神社。下荒谷の伝統行事銭社撒き(ぜんじゃまき)。
タイトルとURLをコピーしました