永平寺町

永平寺町

【永平寺町】松岡「芝原の鋳物師」の歴史と薬師神社

この芝原の歴史は古く、その地には古くより「鋳物師」が存在していました。「ぬえ退治」や「石川五右衛門」の名まで出てくるほど。起源は、奈良時代とされていて、当時の奈良朝廷より、養老七年にこの地の鋳物師に下されたという古文書も伝えられています。この古文書を「養老の御牒」といい、現在は近くの神社に納められています。
永平寺町

【永平寺町】永平寺口駅のイルミネーション(2020)

集落センターや公民館、駅、博物館など。地域の穴場イルミネーションスポット。えちぜん鉄道永平寺口駅です。穴場というより、もう福井イルミネーションのメジャー級ではないでしょうか。きれいになった旧京都電燈古市変電所。桜の木に巻き付けてあるイルミネーションが桜の花の形になっています。永平寺口旧駅舎の方にもイルミネーションです。
伝承・伝説

室の長者伝説、松岡町柴神社の春日明神にまつわる伝説【永平寺町】

永平寺町松岡春日にある。春日大明神の尊像で今摂取院に安置されている。「春日大明神」が、柴神社に祀られている「お春日さん」。別当を賽泉院(後に吉祥院)という。社地は葵丁にあったが、松平昌勝公の館建設にあたり、慶安三年に移転。若宮と社務所らしき施設がある。閻浮壇金像が関係している。春日山古墳に埋蔵されていた遺物も関係。
タイトルとURLをコピーしました