神社・寺院

伝承・伝説

彌和神社の言い伝え「さいの神」 宮川村の神籬だけの神社【小浜市】

加茂村の大戸の入り口にひもろぎ(神垣)だけあって社殿のない神社がある。弥和(みわ)神社というが、村人はさい(歳)の神とよんでいる。大歳彦明神を祭るため、この名の文字をとって、さいの神とよぶのだそうだ。このさいの神の祭日に子どもを境内に捨てて、大戸の人に拾われると、めでたいと言って、子どもを捨てる人が多いという。
タイトルとURLをコピーしました