旧跡・名所

勝山市

弁天桜|九頭竜川堤の桜のはじまりと歴史【勝山市の桜名所】

今回は弁天桜の歴史を少し見て行こうと思う。勝山市市街地付近、九頭竜川の河川敷は下高島の「弁天緑地」と称される場所がある。勝山橋、九頭竜川の上流・下流に沿って右岸の堤防上に約450本のソメイヨシノが植えられている。距離にして1.5キロの桜並木「弁天桜」は、春には見事な桜のトンネルを作り、県内外から桜の名所となっている。
勝山市

長山公園の桜と、桜の名所になった歴史【勝山市】

桜の花見名所として、勝山市内のみならず福井県の中でも有名である。今回は長山公園がいかにして桜の名所になったかの歴史、長山公園の桜のはじまりを少し見て行こうと思う。長山公園と弁天桜が有名だが、桜の一大事業が始まったのがこの二つの地だったのだ。遊具あり、ピクニックなどを楽しむ家族、夫婦、親子で賑わっていた。見頃は4月上旬。
勝山市

市姫桜|勝山市荒土布市の桜並木の名所

名勝市姫桜。全長およそ700メートルのソメイヨシノの桜並木。平成7年11月に誕生したそうです。少し段丘になっているので、集落側から見るのと、滝波川から見るのでは表情が違いこれもまた楽しみだ。周りの山の頂上付近はまだ雪が残っているので、撮影スポットとしてもいい。勝山の観光地となってほしい。桜の見ごろは4月上旬。
伝承・伝説

【勝山市】谷の牛首道と「しゃかの木」の話

福井県勝山市北谷町の谷集落。この集落に「しゃかの木」なるものがあったという言い伝えがある。大きな桶を背負った鬼が、あまめを取りに来るが、この木があったおかげでこの村へは入って来なかったという。あまめとは、温熱性紅斑(火だこ)のことだろう。石畳が敷かれ、谷集落からひとたび出ると、森の中をずっと道が続いている。
伝承・伝説

「楠木正成の墓」がなぜ平泉寺白山神社内にがあるのか【勝山市】

福井県勝山市の平泉寺白山神社内、奥之院三宮横に楠木正成の墓があります。なぜこの地にあるのか。伝説と訪問レポートを紹介します。楠正遠の末子恵秀が白山権現の前に坐して行をしていると、兄の正成がよろいかぶとに武装した姿で、そのかたわらに立ったといいます。現地へのアクセスや駐車場の情報も掲載します。
伝承・伝説

平泉寺白山神社の「牛岩馬岩」伝説と丑の刻参り【勝山市】

平泉寺白山神社は、福井県内有数の名所となりました。平泉寺には広大な菩提林があります。勝山城博物館付近から延びる長い参道です。舗装された道もありますが、旧参道の石畳も残っています。牛岩馬岩周辺に駐車できるスペースはありません。一方通行で追い抜く幅もないです。付近だと、菩提林入口の駐車場から歩いてくるのが無難だと思います。
タイトルとURLをコピーしました